映画

【2019】シネマイクスピアリでナイトメアー・ビフォア・クリスマス3D(吹替版)を観てきた感想

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス/ディズニー デジタル 3D

ハロウィンの季節になると見たくなる映画と言ったら、ナイトメアー・ビフォア・クリスマス。

1994年に公開された映画で、2019年の今年で25年目。すごい歴史ですよ。

この映画は当然ながら、レンタルしても見れますし、今やYouTubeでも視聴できます。

それじゃあ物足りない、映画館のように大迫力で観たいというあなたへ朗報です。

今年も期間限定で舞浜にあるシネマイクスピアリの劇場で見ることが出来ます。

今年は、10/11(金)~31(木)限定上映ということで、さっそく行ってきました。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス3Dの感想をお伝えします。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス3Dの感想

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスが正しいのですが、いつもナイトメア・ビフォア・クリスマスとナイトメアに伸ばし棒を入れるのを忘れてしまいます。

「ナイトメアー」ですからね。「ナイトメア」だと思っていた方は要注意です。


舞浜にあるイクスピアリの中のシネマイクスピアリでナイトメアー・ビフォア・クリスマスを観てきました。

シネマイクスピアリに看板があったので撮影しておきました。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス/ディズニー デジタル 3D
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス/ディズニー デジタル 3Dの看板

シネマイクスピアリで見られる、ナイトメアー・ビフォア・クリスマスは3Dということですが、ぶっちゃけ、3D要素はあまり感じません。

というのも、そもそものナイトメアー・ビフォア・クリスマスが3Dの醍醐味である、飛び出て驚かせるなどの要素が少ないことが大きな理由に挙げられます。

そのほかにも、そもそもが3Dぽい作りなので、普通に見るのと大差がないというのがあります。

なので、3Dメガネをかけて視聴するものの、3D要素はあまり感じません。

しかし、3Dメガネを外しますと、映されている映像は鮮明なものではなく、ぼやけているので3Dメガネをかけないことにはよくわからない映像に見えます。

だから、3Dメガネをかけて見ましょう。

映画の感想としては、「音楽とキャラクターの表情がいい」です。。

冒頭に使われている音楽は低い音で、暗いハロウィンタウンを表していました。クリスマスタウンでは、その音を高くしたものが使われており、明るい街を表わしているように感じました。

そんな、2つの街の暗さと明るさを同じ音楽の音の高さを変えたもので表しているのが好き。その一言に尽きます。

あとは、キャラクターの表情が、どこか不気味だけど、それがまたいいと思いました。

主人公ジャックは勿論のこと、メイヤー町長の悲しい顔と嬉しい顔の2つの使い方は印象的で好きです。

と、こんな感じの感想を持ちました。

星5つ中で評価するなら、星5つです。

★★★★★

1994年と少し古めの映画で、子供の時に見たときは少しトラウマものの映画でしたが、成長した今見るとまた違ったものが見え、いくつになっても楽しめる映画です。

この映画は殿堂入りしているといってもいい映画でしょう。

観たことない方は是非見てみてください。

ハロウィンの季節におすすめします。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスで気づいたこと

実は、ブログでは書いていませんが去年もここにきて観ており、懐かしさを感じながらの2度目の視聴でした。

そうはいっても、映画の内容はうろ覚えのため、ストーリーや登場キャラのセリフに新鮮さを感じながらの映画を見ていました。

今回観て気づいたことが色々あり、ずらりと並べます。

  • 主人公ジャックが超ポジティブシンキングだった
  • ヒロインサリーが未来予知の能力があった
  • フィンケルスタイン博士が割とまともに感じた
  • メイヤー町長が情緒不安定でいい味出していた
  • 悪ガキ3人組は馬鹿だった
  • ヴギーからジョーカーと似たような狂気を感じた
  • サンタクロースは光速で移動できた

この中でも特に印象的なのは、主人公ジャックですね。

鬱になっても、ポジティブシンキングで気持ちを切り替える。

実験に失敗しても考え方を360度変えるポジティブシンキング。

だれに何と言われようと、その人を責めることはせず、自分の中でポジティブシンキング。

最初から最後まで、すぐ行動、ポジティブシンキングで落ち込まず、あきらめないし、どんどん挑戦していく。

まさに、多動力。

このジャックを観ていると、今も昔も変わらないんだなって思います。

なにかと言い訳ばかりをして、何もやらない、挑戦しない、リスクを取らないよりも、とにかくやってみちゃう。

たったそれだけでいいのだと。

そんな、簡単なことを思い出させてくれるような映画に感じました。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス3Dの料金

ナイトメア-・ビフォア・クリスマスは3D公開のみで、基本の映画料金にプラスして3D上映料がかかります。

【大人・大学生】

  • [3Dメガネ付き]¥1,400
  • [3Dメガネ持参]¥1,300

【高校生・中小学生・幼児・シニアほか】

  • [3Dメガネ付き]¥1,100
  • [3Dメガネ持参]¥1,000
  • 特別興行のため、スペシャル料金や割引サービスは適用除外となります。
  • 無料券(映画優待券、6ポイント無料鑑賞)は全てご利用いただけません。
  • 上映時間は決定次第、 上映スケジュールページ をご確認ください。

【3Dメガネについて

普通の3Dメガネは100円で、メガネにクリップして使うタイプは400円です。

私は、メガネを着用していますが、普通の3Dメガネを購入しました。

購入したのは下の写真のものです。(普通の3Dメガネ100円)

イクスピアリの3Dメガネ
イクスピアリの3Dメガネ

購入した理由

初めはクリップタイプのものを買おうと思ったのですが、販売員の方に一度試してみてから考えてみてはどうか?メガネのお客さんのほとんどは普通の3Dメガネを購入されていると言われました。

そこで、メガネの上から3Dメガネを試着してみると、映画を見る分には普通に使えそうな安定感がありました。

次に、クリップ型の3Dメガネを試着しましたが、特段優れているわけでもなく、どうせ買うなら普通のメガネタイプのものでいいと思いました。

だkら、普通の100円の3Dメガネを購入しました。

3Dメガネと普段のメガネを合わせて掛けたときのイメージが下の写真です。

普段のメガネに3Dメガネを装着したイメージ
普段のメガネに3Dメガネを装着したイメージ

シネマイクスピアリの場所

最寄り駅は舞浜駅です。

シネマイクスピアリはイクスピアリの中にあります。

舞浜駅からだと、徒歩5分くらいです。

ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。
こちらの記事もおすすめ

サリー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です