大学生活

十和田プリンスホテルの夕食【湖畔ディナー】感想

湖畔ディナー

青森県の十和田湖沿いある十和田プリンスホテル

夕食は湖畔ディナーなるもの。

コース料理で、料理が次々と運ばれてきます。

地元の食材をふんだんに使っており、最高の美味しさでした。

本当に美味しいものだったので、多くを語らず、写真で語っていこうと思います。

写真をみて、うまそうだと思っていただければ幸いです。

では料理の写真を交えながら感想を語ります。

十和田プリンスホテル湖畔ディナー

家族4人なので、テーブルを囲むように4人分のナイフやフォークが並べられています。

これだけで、圧巻です。

湖畔ディナー
湖畔ディナー

この美しき食卓の上、ここが湖畔ディナーの戦場となります。

うう、身震いしちゃいます。

メニュー

メニューは紙で、そっと渡されます。

こちらが実際のものの写真。

湖畔ディナー
湖畔ディナーメニュー

湖畔ディナーのメニューは、

  • オードブルバリエ【東北の恵み】
  • 十和田湖ひめますをスープ仕立てに
  • 国産牛肉と比内地鶏 2種の味わい
  • サラダ
  • パン
  • 本日のデザート・コーヒー

です。

メニューを見ただけではよくわかりませんでしたが、実際の料理を食べることで、東北を味わえました。

うまかったです。

では、オードブルバリエ【東北の恵み】から行きましょう。

オードブルバリエ【東北の恵み】

一番最初は、オードブルバリエ【東北の恵み】です。

名前のオードブルバリエがよくわかりませんでしたが、東北の恵みを感じられるとのことで、ワクワクワクワク。

そして、運ばれてきた東北の恵みがこちら。

オードブルバリエ【東北の恵み】
オードブルバリエ【東北の恵み】

皿の左側に、東北の恵み(野菜たち)が、右手には鶏肉とソースが。

お皿も、川の流れのような線が入っていておしゃれ。

野菜を食べてみると、東北のあふれ出るパワーを感じます。

鶏肉はほんのりと乗った強い油の旨味を感じられます。

ソースにつけるとさっぱりとした味に変わり、ペロリといけます。

十和田湖ひめますをスープ仕立てに

お次は、「十和田湖ひめますをスープ仕立てに」です。

お写真パシャリとこちら。

十和田湖ひめますをスープ仕立てに
十和田湖ひめますをスープ仕立てに

大きなお皿の真ん中が凹んでおり、中にひえますとスープが。

パッと見るとひめますというより、チキンのように見えます。

しかし、よくよく目を凝らしてみると、ひめます(魚)であることがわかります。

そして濃厚なうまみの乗ったスープ。

うまい。

ひめますもうまい。

国産牛肉と比内地鶏 2種の味わい

お次はメイン料理の国産牛肉と比内地鶏 2種のあじわいです。

うまさが漂ってきて、写真を撮る前に食べそうでした。

国産牛肉と比内地鶏 2種の味わい
国産牛肉と比内地鶏 2種の味わい

もうね、見た目がすごくいい。

そして、なるほどなと納得させるような雰囲気。

これが湖畔ディナーかと。

お肉だけでなく、奥にある野菜たちもよい。

すごい完成度だと驚きですよ。

ちなみに、国産牛肉が手前にある赤赤しいお肉で、黄緑色に包まれているのが比内地鶏です。

もうね、見た目でわかると思うんだけど、めちゃくちゃ美味しい。

お肉は歯ごたえがあり、噛むほど旨味を感じる。

アスパラも奥深い味わい。

人参は甘い。

葉っぱはお口直しにいい、口の中を整えてくれる味。

比内地鶏はプリンとしたやわらかさで、うまみがすごく乗っている。

どの食材もそのまんまで美味いが、皿のソースにつけると、食材のまた違った顔を見ることが出来る。

サラダ

サラダ
サラダ

国産牛肉と比内地鶏 2種の味わい で紹介した写真の左上にすでにいたサラダである。

特徴は東北の恵み盛り合わせと言ったところだろうか。

とにかく新鮮な野菜。

食べるごとに農家さんの笑顔が脳内に直接語り掛けてきます。

「どうだい?美味いだろ?」と言わんばかりの笑顔です。

うまいので、一瞬で食べちゃいました。

パン

パンです。

パン
パン

ウエイトレスのおねいさんがパンの説明をしていたのですが、うますぎて忘れてしまいました。

申し訳ございません。

左右で違う粉を使ったパンだというのは確かです。

左側のプランスパンに似ているパンは外側が固く、バターがいらない美味しさでした。

右側のパンは塩バターロールのような感じで、左側パンよりも外側がやわらかく、手で簡単にむしることが出来ます。

バターも塗りやすく、バターと相性がいいと思ったのは右側のパンです。

おかわりが無限にできたので、計8個くらいは食べました。

美味しかったです。

ちなみに、私は左側の固めのパンが好きです。

本日のデザート

本日のデザートはケーキとアイスを主に地元の果物が添えられています。

本日のデザート
本日のデザート

ケーキとアイスは甘く、果物は甘酸っぱく、ちりばめられたソースは味わい深いものでした。

いままでの素晴らしい料理のゴールとなるデザートにふさわしいものです。

今まで食べた美味しい料理の味を舌にそっと蓋をして閉じ込めるように、これらのデザートで料理の終わりを告げられます。

ここまでの楽しくワクワクした道のりを振り返りながらも、次へつなげてくれる。

そんな落ち着いた味。

本日のコーヒー

デザートも食べ終え、本当の最後にはコーヒー。

本日のコーヒー
本日のコーヒー

シェフが最後の最後に持ってきたこのコーヒー。

コーヒーの程よい温かさの温度。

これがコーヒーだ。

そう、これがコーヒーなのです。

砂糖が無くてもすでに甘みがある。

コーヒーの甘みが。

十和田プリンスホテル湖畔ディナーまとめ

料理は以下の通り。

  • オードブルバリエ【東北の恵み】
  • 十和田湖ひめますをスープ仕立てに
  • 国産牛肉と比内地鶏 2種の味わい
  • サラダ
  • パン
  • 本日のデザート・コーヒー

オードブルバリエ【東北の恵み】で東北を感じ、スープでひめますと旨味の乗ったスープを飲み、牛肉と比内地鶏を食らった。

サラダはうまいし、パンもうまし。

デザートで料理の終焉を感じるとともに、湖畔ディナーとさようなら。

コーヒーを飲んで、思い出を語り合う。

そんな最高の料理、湖畔ディナーです。

青森県の十和田プリンスホテルのディナーで食べることが出来ます。

是非行ってみることをお勧めします。

料理はおいしく、目の前にひろがる十和田湖も最高です。

ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です