ワンパンマン

村田版ワンパンマン【161話】S級ヒーローメタルナイトが裏切り者疑惑|ネタバレ感想

ワンパンマンネタバレ感想

村田版ワンパンマン161話のネタバレと感想を言っていきます。

あらすじは、

  • 前半|駆動騎士の内偵活動の報告
  • 後半|ヒーロー協会の裏切り者

です。

村田版ワンパンマン161話はとなりのヤングジャンプで無料公開されています。

>>村田版ワンパンマン161話はこちらから<<

こんな方へ
  • ワンパンマン好き
  • ワンパンマン161話のネタバレを知りたい
  • ワンパンマン161話の感想を聞きたい

村田版ワンパンマン161話ネタバレ

前半|駆動騎士の内偵活動の報告

無事、怪人ニャーンを倒した駆動騎士はヒーロー協会幹部とひと話することに。

そこで、駆動騎士がニャーンを倒せたのには駆動騎士の実力が高いことだけが理由ではなかった。

駆「敵が慢心し油断していたこと、事前に戦闘データを収集したことにより有利に戦いを進めることが出来たから、勝利できた。」

そう語る駆動騎士にヒーロー協会のセキンガルが問いただします。

セ「分析なんかしている暇があったなら、もっと早くに加勢してくれれば、こんなにもヒーローがやられることなかっただろ?」

駆「もし分析しなかったら状況はもっと悪化したかもしれない。これが俺の戦い方。」

そう言い、セキンガルを論破します。

論破され、少し傷ついたセキンガルですが、もう一つ聞きたいことがあったので、駆動騎士に聞きます。

セ「今まで連絡もせずに何をしていた?」

すると、駆動騎士は手から映像を出します。

ふぉおん

駆動騎士はおもむろに話を始めます。

駆「身を潜めて敵の情報を調べていた。さっきも言ったがこれが私の戦い方だ。」

そして、今までに集めた災害レベル鬼以上のデータをちらりと見せつけます。

それに様々な怪人に拷問をしていて時間がかかっていた。

ここまでして集めたデータはヒーローへ渡して戦いを有利に進めたかったそうですが、裏切り者のことを考え、データを渡すことを躊躇いました。

今まで連絡しなかった理由と、その成果を解説した後に、こう言います。

駆「ヒーロー側の勢力はどうなっている?」

後半|ヒーロー協会の裏切り者

ヒーロー協会のセキンガルさんは駆動騎士に対して問い詰めてはいたものの、自分たちの現状は良いものではありません。

S級ヒーローの金属バットやタンクトップだけでなく、有能なA級ヒーローも結構やられている事実。

それを知った駆動騎士は、少し威圧気味に

「新たな緊急事態に駆け付けられる実力者はおらず、ヒーロー協会は手薄ということだな」

と言います。

そして、今の現状と、もし怪人が襲ってきた場合に対処できる者がいないことを確認します。

それに対し、セキンガルは「もしこの隙をついて襲ってきても、協会本部はメタルナイトの迎撃システムがあるから大丈夫」と言い張ります。

しかし、駆動騎士の考えは違いました。

協会本部を作り、迎撃システムを搭載させたメタルナイトが裏切り者であるというのでした。

そうして、メタルナイト:ボフォイ博士が裏切り者であるという艇で話を進めていたら、突如攻撃が飛んできて、セキンガルが負傷する。

ボロボロになった機神G5が攻撃をしてきていたのでした。

機神G5はボロボロのため駆動騎士がカンタンに倒してくれると思ったが、駆動騎士はニャーンとの戦いで体力を消耗しており、力が残っていない。

そのため、セキンガルが立ち向かうが、

「やっぱダメかも」

と弱音を吐く。

この後どうするんだ??という展開で、ジェノスが助けにクール―。

村田版ワンパンマン161話感想

はい、161話では、メタルナイトが裏切り者疑惑が濃厚になってきました。

一応敵キャラとして出てきていた機神G5もメタルナイト感があるので、裏切り者と言われたら、確かにと言った感じではあります。

私の考えでは、怪人協会に潜入してなにかを探っていたのかなと思っていましたが、まさかの裏切り者疑惑。

まあ、裏切り者と言われても、機神G5で攻撃をしてきている所から見ると、裏切り者なんですかね。

「いいところに出会ったな」とか言って攻撃をしているので、機神G5がメタルナイトであるのであるなら、反逆ですよね。

ただ、機神G5がメタルナイトのロボットじゃないならば、裏切り者と断定はできませんね。

今後は、メタルナイト:ボフォイ博士の動向に注目かもしれません。

ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です