ワンパンマン

村田版ワンパンマン【157話】怪人前髪ジャーマ出現|ネタバレ感想

ワンパンマンネタバレ感想

村田版ワンパンマン157話のネタバレと感想を言っていきます。

あらすじは、

  • 前半|ガロウ目覚める
  • 後半|怪人前髪ジャーマ現る

です。

157話もワクワクドキドキの面白い展開でした。

こんな方へ
  • ワンパンマン好き
  • ワンパンマン157話のネタバレを知りたい
  • ワンパンマン157話の感想を聞きたい

村田版ワンパンマン157話ネタバレ

村田版ワンパンマン157話のネタバレをしていきます。

あらすじ通りに紹介しているよ。

詳しくは、村田版ワンパンマン157話をミテネ。

前半|ガロウ目覚める

『S級ヒーロープリプリプリズナー』が『怪人にゃーん』を追って壁の中から飛び出してくるところから始まります。

村田版147話でプリプリプリズナーがニャーンと戦闘していた続きだと思われます。

すると、『ヒーロー狩りのガロウ』と出会います。

なんか、ガロウは寝ていたらしいですが、プリプリプリズナーが近づいたことで眠りが冷めたっぽいです。

村田版133話でガロウが怪人王オロチ様と戦闘した後のシーンだと思われます。

そしてプリプリプリズナーに向かって4発殴っています。

ド ド ド ドンッ

この時プリプリプリズナーは、咄嗟に剛毛アーマーでガードしましたが、立てないほどのダメージを受けました。

そして、悟ります。

「いけない男を目覚めさせてしまった・・・!!」

後半|怪人前髪ジャーマ現る

後半はサイタマ氏視点に変わります。

独り言で

「もしリーダー格のやつがいるなら一言でも文句を言わなきゃ帰れねーな。騒音とか暴力とか迷惑行為には近所の住民としてガツンと注意してやらないと伝わらないからな」

と言いながらスタスタと歩いています。

流石、サイタマ先生です。

近所の住民の鏡ですね。

そんな中で、突如襲い掛かってくる怪人をいつも通りワンパンで倒しています。

この怪人は怪人協会の幹部として紹介されていませんが、見た目的に災害レベルで言うと鬼はありそうです。

怪人を倒した後も前に進むサイタマ氏の先で、『S級ヒーロー閃光のフラッシュ』が待ち伏せていました。

フラッシュはサイタマのことを気配で感じ取り、

「おそらく人型の怪人」

「今なら無防備…速攻で仕留める!!」

ということで、攻撃をします。

しかし、サイタマ先生はいとも簡単に攻撃をかわします。

そして、心の声が表に出て

「あ?」

の一言。

サイタマを見て、前に協会本部で『S級鬼サイボーグ』の付き人と思われる下級ヒーローだと思いだすフラッシュ。

そこで、なぜヒーローが怪人協会本部にいるのかと疑問に思うと同時に、最速と言われていた己の攻撃をかわされたことに驚きを隠せない。

攻撃をかわされたことに不安が募り、相手が下級ヒーローだと認識しながら「閃光斬(せんこうざん)」を繰り出します。

閃光斬(せんこうざん)は刀で切る技、切りかかる技です。

特徴は、切るのがめっちゃ早いのと威力も結構高い。

しかし、サイタマは刀を片手で止め、

「攻撃してくるっつー事は お前も怪人だな?」

と言い凄まじい殺気

ゴゴゴゴゴゴゴ

で、殴ろうとしますが、フラッシュが

「ま 待てッ  よく見ろ俺が怪人に見えるか!?」

と弁明します。

そこでサイタマが言ったのが

「怪人…“前髪ジャーマ”」

で、フラッシュは

「違う命名するな!!」

と照れ気味に言ったのか、真面目なトーンで言ったのか、切れ気味で言ったのか真相は闇の中です。

だって、表情がわかんないんだもん。

村田版ワンパンマン157話感想

いやー、前半のプリプリプリズナーがやられ、遂にガロウが覚醒しましたね。

今回の覚醒によって、S級ヒーローの中でも下位の方はガロウにかなわなさそうですね。

『ヒーロー狩り』と言っているだけあって、S級ヒーローをボコボコにできるので相当強くなりましたね。

今後のヒーロー狩り活動に期待ですね。

次にシーンが変わり、サイタマとフラッシュですが、やっぱりサイタマ先生が出てくるとどんなシリアスシーンでも面白く感じてしまいますね。

まあ、その面白さの背景には圧倒的強さがあるのをわかっているからなんですけど、やっぱりその強さを知らない身(S級ヒーローフラッシュ)からするとふざけているようにしか見えません笑

サイタマ先生がS級ヒーローになるのはいつになるんですかね。

楽しみです。

ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です