大学生活

高級『食べ放題』が好き。4つの魅力を紹介!!

高級食べ放題の4つの魅力

以前記事にしたように、わたくしは食べ放題・ビュッフェといった類の食事方法が嫌いなんです。

なぜ嫌いかと言うと、胃の許容量が少ないのでたくさん食べることが出来ないからです。

詳しくはこちらの記事に書いております。

そんな食べ放題が嫌いなわたくしですが、先日青森県にある星野リゾート奥入瀬渓流ホテルに宿泊した際の食事処が青森りんごキッチンという食べ放題の店だったのです。

青森りんごキッチンの感想はこちらに書いてあります。

そこで食べるご飯は、食べ放題と言えど、めちゃくちゃ美味しくて満足しちゃいました。

食べ放題は嫌いですが、めちゃくちゃうまかったから好き。

という、少々ワガママですが、食べ放題すべてを否定するのはよくないと思ったので、高級食べ放題のどこら辺がよかったのかを紹介していきます。

高級食べ放題の4つのよかった点

高級食べ放題のよかったポイントを4つ紹介します。

  • 雰囲気がよい
  • 料理がうまい
  • 客の質も高い
  • 生き生きと働いているスタッフ

特によかったのはスタッフが生き生きと働いていることです。

食べ放題なのに、スタッフがフル笑顔稼働しているのなんて、私(庶民)が行く食べ放題では考えられないようなことでした。

それでは、4つのポイントを詳しく解説します。

雰囲気がよい

料理屋に対して雰囲気に口を出すか??

と思われるかもしれませんが、料理を頂く場所の雰囲気が悪いと料理の味も悪く感じますし、気分も悪くなります。

まあ、雰囲気ってそんな感じ。

その雰囲気が、めちゃくちゃよい。

スタッフは元気盛りだくさんだし、皿はピッカピカで宝石のよう。

料理も輝いていて、それぞれがスーパースターのよう。

食事を食べるテーブルは実家のような安心感を醸し出し、椅子はこれぞ椅子って感じ。

これらすべてがいい具合に個を主張しているけど、他を攻撃するほど強すぎない。

そして、何よりも、お客さんを迎え入れてくれる。

そんな感じの雰囲気だった。

料理がうまい

食べ放題が嫌いな理由の中に、値段の高さのわりにあまりおいしくない料理というのを上げていました。

そんな私にも温かく迎え入れてくれたのが、高級食べ放題です。

輝くような盛りだくさんのオードブルから、あまーいあまーいスイーツまで。

見た目よし。

香りよし。

食べてよし。

全てがうまい。

合格点を100点中90点だとしたら、100点はもちろんのこと、ボーナス点で200点あげたいくらい。

それくらい、感動するうまさ、おいしさ。

まいうぅ~

客の質も高い

私(庶民)が行くような食べ放題というのは、食べ盛りの学生であったり、子供連れの親子であったり、声が大きく、騒ぐ系が多いい印象です。

だから、お店の中は絶叫マシンに乗っているんですか??って聞きたくなるくらい阿鼻叫喚。

「ぎゃあああああああああああああっ」て言っている子もいれば、「ぎゃははぎゃはは」とご歓談を楽しんでいたりします。

子供が多いと、逃走中でも始まっているのかと思うくらい店内を走り回ったり、視界が狭いのか、最大速度の状態で普通にぶつかってきたりする。

極めつけには、謝罪のしゃの字もない。

これに関しては責めるわけではないが、食べ放題ってこんな感じのイメージですよ。

要するに食べ放題は民度が低いのである。

それに対して高級食べ放題(青森りんごキッチン)の場合は、値段相応に、大金を注ぎ込んでいる猛者しかいません。

大金を注ぎ込んでくるような人は割とまとも。

多少強引に割り込んできたりするが、そこは大金を使っているだけあって謝罪のしゃざの字くらいまでは言ってもらえる。

というか、そういったことは基本的にはない。

基本的にはお客さんがみんな笑顔なのだ。

常にしている。

食事を食べるときは勿論のこと、食べ物をよそうために並んでいるときや、食べ物を予想ときにも笑顔だ。

そんな空間にいると、私まで笑顔になる。

そう。

高級食べ放題だと、自然とみんな笑顔になってしまう。

つまり、庶民的な食べ放題にいるような民度の低い人はほぼいない。

みんな笑顔だ。

定期的に使用済みの皿を片してもらえる

食べ放題で使用した皿は、新しいのを使ったらどんどん積み上げてまとめたりするのが私の印象だったのですが、高級食べ放題になると違いました。

食べ終わって使わない皿をスタッフが見つけると、回収してくれます。

なので、机は常に食事をとっている皿くらいしかないのです。

机の上に、使用済みの皿がずっと残っているのと片付けられるのとでは、圧倒的に後者の方が気持ちいいのです。

こんな経験はしたことが無かったので、驚きと感謝で目から鱗が剥がれ落ちました。

使用済みの皿が無くなる感覚は、くら寿司のように、使い終わった皿を席についている皿投入口に入れるのと同じような感じです。

使い終わった皿はすぐに回収してくれるので、最初から最後まで机の上には使用中の皿しか残らんのです。

このサービスが高級食べ放題なのかと。

これが、庶民の食べ放題との違いなのかと。

しみじみ感じました。

スタッフが生き生きしている

聞いてくださいよ。

高級食べ放題のスタッフは生き生きしているんです。

常に笑顔だし、めちゃくちゃありがとうとか言ってくるし、なんなの???

ここは、天国なの???

庶民食べ放題だと、無やで。

仮に私が庶民食べ放題でバイトしたとしても、多分感情なんて出てきません。

出てきたとしても、「なんで客が来るんだよ、あーやってらんねー。早く帰りて―」と思うはずです。

なのに、なのに、同じような食べ放題なのに、なぜ高級食べ放題のスタッフさんたちはこんなにも生き生きと働いているんですか!!

客であるこっちまでが、笑顔になってしまいますし、感謝の言葉もバンバン出てくる。

こんな飲食店はじめてどすわ。

こりゃあ、人気トップですわ。

人気トップのわけがわかりますよ。

接客から、笑顔まで最高。

マクドナルドのスマイルとはけた違いのスマイルもらえますよ。

たぶん、ここのスタッフさんの笑顔は凄い高いだろうな。

通貨も円とかドルとかじゃなくて、単位が「スマイル」って感じ。

だから、高級食べ放題のスタッフAさんのスマイルは1000スマイルみたいな。

あはははっはははは。

とにかくだ、スタッフがすごく生き生きと働いているんだよ。

このエネルギッシュなスタッフがいる食べ放題だと、当然料理はめちゃくちゃ美味しくなるし、なにより、食事が楽しい。

最高やん。高級食べ放題。

マクドナルドを非難しているわけではないです

そこ、重要

高級食べ放題の4つのよかった点 まとめ

高級食べ放題のよかった4つの点は以下の通りです。

  • 雰囲気がよい
  • 料理がうまい
  • 客の質も高い
  • 生き生きと働いているスタッフ

雰囲気がよいことから始まり、当然のことながら最高の料理が食べ放題。

そして、客の質も高く、食べ放題なのに、オーダー制のレストランのような保たれた秩序。

極めつけには、最高の笑顔を武器とするスタッフたち。

食事はもちろんうまいです。

それに加えて、最高の雰囲気と、質の高い客。

そして、生き生きと働いているスタッフによって完成する。

それが、高級食べ放題のレストランです。

高級食べ放題にはまた行きたいです。

ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です