大学生活

成田空港第3ターミナルへの行き方は?徒歩で10分、バスで5分で行けます。

成田空港第3ターミナル入り口

はじめての成田空港だったり、慣れていないと不安よな

ひろとん動きます。

ということで、LCC(格安航空会社)がひしめく成田空港第3ターミナルへの行き方を解説して行きます。

あ、駅からね。(京成とJR)

この記事は、成田空港第3ターミナルを使う日の前日とかに読んでいただくことで、当日に見覚えのある景色を見ることで、迷わず、行けると思います。

そう願っています。

こんなあなたを助けます
  • 成田空港第3ターミナルへの行き方がわからない
  • 成田空港第3ターミナルへの行き方が不安

成田空港第3ターミナルへの行き方(歩き)

こちらの写真は京成成田空港第2ターミナル駅の改札をでている写真です。

JRと京成は途中で合流するので、大体同じような景色のはず。

成田空港第3ターミナルまで670m
成田空港第3ターミナルまで670m

こんな感じで、大きな柱にどでかく第3ターミナルへの行き方が書いてあります。

第1や第2ターミナルは昔からあり、割と近いので主張が控えめですが、第3ターミナルは遠い位置にあるので迷子にならないように定期的に案内があります。

案内に沿って、案内の方向に進んでいけばOKです。

ゴールまであと、670mや!!

外に出てバス停沿いを歩く

案内に従って歩いていくと、成田空港第2ターミナルのバス停に出されます。

突然外に出されてしまうので、不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

道はあっています。

地面に書かれている案内の通りにどんどん進んでいきましょう。

こちらの写真はバス停沿いにある道に書かれた案内ですが、580mと言っています。

成田空港第3ターミナルまで580m
成田空港第3ターミナルまで580m

580mって、まあ長いのです。

歩いて、15分位を目安に考えておきましょう。

結構長いナリタニストロード

駅の改札の案内に従って歩いていきますとナリタニストロードという、成田空港第2ターミナルと第3ターミナルをつなぐ歩道があります。

成田空港ナリタニストロード
成田空港ナリタニストロード

ナリタから旅をした者たちの思い出が飾られている道です。

そうは言っても、私が歩いたときにはチェジュ航空の広告がめちゃくちゃありましたけどね。

思いではないけど、航空会社の広告は盛りだくさんでしたね(皮肉)

でもね、歩くのは面白いですよ。

定期的にどこにいるのか教えてくれる看板があります(下の写真)。

成田空港第3ターミナルまでの案内看板
成田空港第3ターミナルまでの案内看板

他にも、どでかい顕彰もありました。

とても多くの人の名前が刻まれています。

成田空港第3ターミナルの途中にある顕彰
成田空港第3ターミナルの途中にある顕彰

あとは、天井にトリックアートのような感じで、ターミナル3までの距離が書いてあります。

成田空港第3ターミナルへの道の天井
成田空港第3ターミナルへの道の天井

これらのものを見て歩くのは案外楽しいですね。

第3ターミナルに到着

500m以上あるナリタニストロードを歩くこと10数分。

ついに成田空港第3ターミナルのお目見えです。

成田空港第3ターミナル入り口
成田空港第3ターミナル入り口

入り口は、最近作られたこともあり、ピッカピカで都会感が満載です。

美しいですね。

この扉の向こうは成田空港第3ターミナルです。

成田空港第3ターミナルへの行き方(バス)

成田空港第3ターミナルにバスでいく方法は簡単です。

第2ターミナルから出発する第3ターミナル行きの無料バスに乗れば着きます。

ただ、バスの時間が決められており、そこまで多くの本数が出ているわけではないので、バスで行く場合は、バスの発車時刻を意識して行動しましょう。

あまり、カツカツのスケジュールだとバスに乗り遅れたり、バスが遅延した場合に、飛行機に乗り遅れるなんてことになりますからね。

第2ターミナルから第3ターミナルまでは、全力で走っても5分位はかかるような距離があるので、時間には余裕を持ちましょう。

成田空港第3ターミナルへの行き方まとめ

成田空港第3ターミナルに行く方法として、第2ターミナルから歩いていく方法と、バスで行く方法があります。

どちらで行くのもいいですが、私は歩いていくのをおすすめします。

ナリタニストロードという成田空港を利用した旅行者の思い出が張り巡らされていて面白いです。

なので、第3ターミナルへいくなら、是非歩いて行ってみてください。

ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です