大学生活

大学生は大学に何を持っていけばいいの?普段の持ち物を12点紹介!!

大学生の持ち物を紹介

大学生は社会人の一歩手前の存在です。

そんなほぼ社会人のような立ち位置の大学生が大学に持っていくモノは何なのか?

実際に大学へ持っていくモノを踏まえて、持ち物を紹介していきます。

こんな疑問を解決
  • 大学になに持っていけばいいの?
  • どんなバックを使っている?

大学生が大学に持っていくモノ

必要な持ち物
  • 筆記用具
  • メモ用紙(ノート類)
  • 教科書
  • ファイル
  • PC(ノートパソコン)類
  • 財布
  • ポケットティッシュ
  • イヤホン
  • スマホ(必須)
  • リップ
  • 折り畳み傘
  • 家の鍵

多くあるようで、ほとんどが小物なので、思ったよりコンパクトです。

それぞれについて、どんな思いで大学にもっていっているのかを解説します。

筆記用具(ペン、消しゴム等)

当たり前のことだけど、筆記用具は必須です。

シャープペンシル、ボールペン、鉛筆など、何でもよく、紙に文字が書けるものがいいです。

なぜかというと、大学の講義はいまだにアナログで紙媒体を使うことがほとんどです。

驚くことに、先進国とまで言われていた「日本」の大学はいまだに紙媒体を使いまくっています。

確かに、少しずつ電子化も進んでいますが、それはごく一部です。

大学の講師は、告知もせずに、レポート課題を出してきたり、小テストなどのこざかしい手を使い、単位を取らせまいとしてきます。

まさに、鬼の所業!!

なので、筆記用具は必ず持っていきましょう。

愛用している筆記用具紹介

私が愛用しているのは、「ゼブラ デルガード0.5」です。

筆圧が強くシャープペンシルの芯をバキバキ折っていたのは過去の話。

このシャーペンによって快適にノートやメモを取ることが出来ます。

ボールペンはジェットストリームの4色を使っています。

大学の授業では、中学、高校のときのように何十色も色分けする必要はないと思っています。

4色もあれば、たいていのことは大丈夫です。

消しゴムは家にあった適当なやつを使っています。

メモ用紙(ノート、ルーズリーフ等)

A4のノートでもいいのですが、たいていのことはPCで講義をメモしているので、私は少しコンパクトなB5のノートを使っています。

ノートの大きさは自由でいいと思いますが、必ず持ち歩くようにしてください。

PCなどに電子媒体に依存しすぎていると、電子媒体でメモを取ることが出来ない状況になったときに、困ります。

だから、ルーズリーフでもノートでも、メモ帳でも持ち歩きましょう。

すかさずメモをとれるか、取れないかが1流か3流かの違いです。(主観)

教科書

講義によっては紙で配布される教材もありますが、教科書を使う授業もあります。

教科書を忘れてしまうと、授業でどこをやっているのかがわからなくなり、時期に目を閉じて寝てしまうことでしょう。

気づいたら授業が終わっている。

なーんてことに、なりたくないですよね?

なので、講義で使う教科書を忘れないようにしましょう。

講義で教科書が必要なければもっていかなくてよし

ファイル

授業ごとにファイルを分けるのは勿論のこと、急な配布物用のファイルも持ち歩きましょう。

大学では、紙媒体の配布物が多く、それを無造作にバックの中にしまってしまうとあら大変。

次に目にする頃には、ぐちゃぐちゃになって目も当てられないでしょう。

きれいな状態を保つためにもファイルがあると便利です。

ノートパソコンやタブレット

文系でも理系でもPCやタブレットを持っていくのはいいと思います。

インテリ感が出ますし、講義のメモにつかえて便利ですからね。

私の場合は、PCを使用する講義があるため、PCは必ず持っていきます。

ただし、充電環境がない教室での授業もあるので、パソコンの充電を忘れていったときには何もできなくなります。

パソコンを持っていくなら事前に充電は満タンにし、充電器も持ち歩くのが無難です。

アップルのマックブックはデザインが美しく、大学で使えば一目置かれること間違いなし。

ただ、値段が高いのがネックだね。

まあ、私が使っているPCはレッツノートなんだけどね。

財布(お金)

なにか忘れ物をした際にもお金があれば買うことが出来ます。

しかし、信頼や人間関係はお金では買えないことが多いので、注意しておきましょう。

大学内の購買や食堂では電子マネーやクレジットカードが使えない箇所もあるので、現金を持ち歩くのがおすすめです。

現金は、ランチ代くらい(1000円)を持ってれば大丈夫です。

盗まれたら大変ですからね。

愛用している財布

私が使っている財布は、ハッシュパピーの長財布です。

結構長いこと使っていますが、薄くて軽くて丈夫でいい感じです。

デザインも落ち着いていて主張が控えめだけど、実力はあるといったところが好感度高いです。

お札を折り曲げるのが嫌いな方には長財布おすすめします。

ポケットティッシュ

ふとした時に流れてくるのが鼻水です。

いつ来るかわからないからこそリスクの対策をしておく必要があります。

この時の対策はティッシュがあればいいのです。

ポケットティッシュはコンパクトな設計のためかさばらず、複数持っていても邪魔になりません。

また、机を汚してしまったときにも汚れを拭きとることが出来る優れものです。

イヤホン(AirPods愛用)

いまや一人一個イヤホンを持っていてもなんらおかしくない時代です。

通学時間に音楽を聴くもよし、耳にはめて耳栓代わりにするもよしの優れものです。

実際にイヤホンを使う場面で多いのは通学時です。

電車やバス、歩いているときなど、好きな音楽を聴いたり、英単語を聞いたり、本の音声読み上げをきいたりして通学するのは気分も上がります。

また、コンパクトなのでかさばる荷物でもなく、軽いので移動中に何かを聞きたいのであればおすすめです。

私はアップルのAirPodsを使っています。

スマホ(第二の心臓)

令和に入り、いまやスマートフォンは日常に欠かせないものとなっています。

第二の心臓といってもいいくらい、私はスマホに依存しています。

連絡手段や調べものに使うことが出来、大変便利なものです。

ただし、講義中は他の人の迷惑にならないように、マナーモードや電源を切るなどしましょう。

テストのカンニングなどに使うのはやめましょう。

最悪退学になります。

リップ

乾燥した唇にはこれさえあれば安心です。

上に一塗、下に一塗。

若き頃の健康的な唇が戻ってきます。

まあ、まだ20代で若いんですけどね。

色付きのリップもあるので、たまには色を変えてみてはどうでしょう。

リップはやっぱり、メンソーレタムだね。

メンソーレタムリップクリーム
メンソーレタムのリップクリーム

これが、大学生御用達のリップクリームですわよ。

唇の乾燥には、これ一本!!

折りたたみ傘

急な雨で濡れている人を見ると、リスク対策が不十分だなって思いますよね?

そんな時に、傘があればって思いませんか?

そんなあなたに朗報です。

折りたたみ傘を持ち歩けば急な雨でも関係ありません。

あなたの大学生活がどんどん良くなります。

特に、梅雨の時期には常にもち歩いて損はありません。

これであなたも1UP。

私と一緒に毎日折りたたみ傘を持ち歩きましょう。

家の鍵

大学生たるとも、家の鍵を閉めて外出するのが通です。

一昔前では、家の鍵なんてあってないもの。

閉めていないなんてざらでした。

しかし、防犯の点からも家の鍵は閉めて外出しましょう。

もし、家の中に泥棒がいたら、家の鍵で突き刺しましょう。

そうです。

家の鍵は防犯グッズでもあるのです。

戸締りもできて武器にもなる。

家の鍵はいまや必需品です。

しっかり持ち歩きましょう。

大学生のバック紹介

持ち物を紹介しましたが、一般的な大学生であればバックに入れて通学するわけです。

リュックサック型、トートバッグ型などありますが、私はリュックサック型を使用しています。

両肩を使い背負うので、片方の肩に負担が集中することが無いのと、蓋もされていてスリ対策にもなり、雨天時にもバッグの中身を雨から守ることが出来ます。

そんな私が使っているバッグは「ビアンキ」の商品名がわからないものを使っています。

なんか、「1885 stabilimento」とか書いてあったので検索したんですけど、見つからなかったです。

ビアンキのリュック
ビアンキのリュック

なぜこのリュックを買ったかと言うと、一目惚れです。

どこかの服やの上段に置いてあったのを一目ぼれして購入しました。

値段は1万そこそこだったと思います。

でも、やっぱり一目惚れで買う、衝動買いはいいものを買えます。

何かを買うなら、一目惚れしたのがいいと思いますよ。

まとめ

現役大学生が、大学にはどんなものを持っていくのかを紹介しました。

必要な持ち物
  • 筆記用具
  • メモ用紙(ノート類)
  • 教科書
  • ファイル
  • PC(ノートパソコン)類
  • 財布
  • ポケットティッシュ
  • イヤホン
  • スマホ(必須)
  • リップ
  • 折り畳み傘
  • 家の鍵

こんなものを持っていけばいいのか!!や、

これは持って行っていなかった!など、

新たな発見が出来た方はぜひ実践してみてください。

ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です