株式投資日記

2021年度に起こるかもしれないバブルへの対応策・今後の方針

今日現在、株式価格は高騰しているといわれていますよね。

2021年2月15日は30年ぶりに日経平均株価が3万円を超えたとか、。

30年前に生きていなかったので、実際の状況を知りませんけどね。

そんな、バブルな株価の今、バブルがはじけたときにできるだけ損失を減らしたいですよね。

じゃあ、どうするか?って話ですよ。

2021年度に起こるかもしれないバブルへの対応策

私は2020年4月か、5月くらいから株式を初めて購入した初心者です。

あそれに加え、大学生であり、あまり金を持っていません。

現状、約60万の株式のみ所有しています。

ので、バブルがはじけて、株価が半分になろうが、4分の1になろうが、失うものは少ないです。

それに、少額の株取引にかかる手数料が馬鹿にならないので、現時点で売買したい銘柄も多くありません。

ですが、-評価の株を塩漬けにしておくのも気分が悪いですよね。

だから、バブルが崩れたらor崩れる前に売りたいです。

ただ、バブル崩壊はいつ来るか知らないし、バブル景気が今後も伸びていくかもしれない。

株価の気持ちもわかりません。

そのため、所有銘柄の売り価格と損切ラインを決めておこうと思います。

今のところ考えているのは、損切ラインは-10%の価格でずばっといくということ。

利確価格は、銘柄ごとに違く設定しています。

例として、武田薬品は4000円で考えています。

アメリカ株は全く考えていないので、どうしようか検討が必要です。

どうしよう、アメリカ株。

ABOUT ME
アバター
ひろとん
とりあえず、3000万円くらい貯金できるように頑張ってみます。
おすすめアフェリエイトASP

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。