東京ディズニーリゾート

センター・オブ・ジ・アースの構造の推測【東京ディズニーシー・プラネットコースター】

センター・オブ・ジ・アースの構造はどうなっているのか?

気になりますよね。

でも、実際のところはセンター・オブ・ジ・アースの設計図でも見ない限りわかりません。

ただ、アトラクションのコースがどうなっているのかくらいは、ライドに乗ったことがあれば推測できます。

ということで、センター・オブ・ジ・アースの構造を推測したので、ブログに書いていきたいと思います。

ちな、動画を2本ほど作成しているので、よければご参考にどうぞ。

結論を先に言っておきますが、以下の画像のようなコースなのではないかと考えています。

まず、センターオブジアースの構造を考えるにあたり、ざっくりとアトラクションがどのように動いていたかを考えました。

センター・オブ・ジ・アースの流れ

乗ってすぐに右に曲がっていたな~~

最後のラヴァモンスターのところは、時計回りに加速していったな~とか

それくらいでいいでしょう。

次に、そこから、すこしずつ深掘りしました。

その結果、

  1. 水晶の洞窟を冒険
  2. 発光生物がたくさんいるところ
  3. きのこの森
  4. 火山活動発生
  5. 雷、風
  6. マグマ
  7. ラヴァモンスター
  8. 射出
  9. 帰還

のような流れでないかと考えが至りました。

センター・オブ・ジ・アースのコース推測

次に、アトラクションのコース作成です。

先に考えた流れにそって、アトラクションのコースを作成します。

アトラクションの全体像(規模感)は、下記のGoogleマップを参考にしました。

グーグルマップ

ここで、重要なこととしては、まず全体の規模感です。

おおよそ、以下の写真の赤丸で囲った部分は確定事項です。

次に、

  1. 水晶の洞窟を冒険
  2. 発光生物がたくさんいるところ
  3. きのこの森
  4. 火山活動発生
  5. 雷、風
  6. マグマ
  7. ラヴァモンスター
  8. 射出
  9. 帰還

これらの要素がどこらで行われているかを想像です。

グーグルマップを見る限り、以下の緑枠で囲った部分が怪しいですし、コースがありそうに推測できます。

ここのコースを推測するのが難所です。

そこで、ネットサーフィンをしたところ、以下の2枚の画像が見つかりました。

https://twitter.com/ryosuke_1219/status/801020097359790081?lang=he
https://twitter.com/hikariemiru/status/1228549531215659009

これらの画像が参考になりそうだと感じました。

が、画像を見ても、正直あまりよくわかりません。

そこは、思い出補正で想像して創り上げていきます。

センター・オブ・ジ・アースのコース作成「プラネットコースター」

アトラクションのコース作成には遊園地シュミレーションゲームであるプラネットコースターを使用しました。

私はPC版ですが、最近コンソール版(ps4,ps5)が発売されているようです。

いいね。

作成中の一部をGIFにしてみました。

詳しくは動画見てください。

まあ、地道な作業を繰り返し、一応理想としたセンターオブジアースを完成に導きました。

肉付けしたら、下記の画像のような感じ。

本物と比べても、なんとなく似ているのがおわかりいただけただろうか?

以上にて、センター・オブ・ジ・アースの構造の推測を終わりにします。

作成したセンター・オブ・ジ・アースの写真

作成したセンター・オブ・ジ・アースの写真を載せます。

  • コースの全体像

全体像

今回作成したコースの全体像です。

まあ、こんな感じなのかな。。?

次に肉付け後の写真。

軽く肉付けしたら、雰囲気が出てきます。

今回は、ざっと肉付けしているだけなので、山感は少なめですかね。

キノコの森

キノコのオブジェクトが無かったのでキノコのランプで雰囲気を出しています。

火山活動発生

火山活動発生は、救急ランプ(課金パック)を使用しています。

う~~う~~~って鳴ります。

まぐま

マグマは、マグマが吹き上げてくるやつ(課金パック)で再現しました。

マグマは、凝らなければ置くだけなので、簡単です。

ラヴァモンスター

いつもお馴染み、クラーケンを使用。

周りにはマグマと赤いエリアランプを使って雰囲気を出しています。

ABOUT ME
ひろとん
とりあえず、3000万円くらい貯金できるように頑張ってみます。
おすすめアフェリエイトASP
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。