大学生活

【ダイソー】100円スマホ3脚はおすすめ?YouTube動画を撮影し検証してみた。

ダイソーの100円3脚を使ってみた

スマホ用3脚が欲しい。でも、どれを買えばいいかわからんし、値段もそこそこする。

そんな時は、ダイソーのスマホ用3脚!!100円でございます。

圧倒的低コスト。

100円さえあれば買えちゃうのです。(消費税10%で110円です)

でも、そんな安くてちゃんと使えるのか心配になりますよね?

実際にYouTube動画の撮影に使ってみたので、本記事+動画でダイソーの100円スマホ用3脚がどんなもんかわかると思います。

ダイソーでスマホ3脚を買ってくる

自宅にスマホ用3脚が無かったもので、どれを買おうか迷っていたところ、100円ショップに3脚がうられていることを知りました。

100円ショップはすごいですな。

もう、日用品から食料など、だいたい100円ショップに行けば揃いますからね。

ということで、一番名のしれているであろうダイソーが自宅から近かったので行ってきました。

ちなみにスマホ用3脚はダイソーの電気製品・スマホ用品売り場にありました。

これを知らないで行くと、迷子になるので買いに行く前に頭に入れておきましょう。

おっ、あった!!

想像以上に様々なバリエーションがあり、圧倒されました。

ダイソーってこんなにもたくさんの品揃えをしているのか、、、

一番下にはVR用ゴーグルがありますし、その左隣には、セルカ棒のようなスマホスタンドもあります。

たくさんの商品をみて、単純にすげえなと思うばかりです。

ちなみに、今回のメインスマホ用3脚は下の方にある、オレンジのパッケージのやつです。

で、さっそく買ってきました。

ちなみに、消費税10%込みで110円です。

2020年は110円ショップでした。

100円だけでなく、消費税分のお金を持っていくのをお忘れなく~~

ダイソーのスマホ用3脚をレビュー

はいはいはい。

お待たせいたしました。

メインディッシュのダイソーで買った100円スマホ用3脚です。

ダイソーの商品名は「スマートフォン・デジカメ用 スマートフォンスタンド」でした。

たしかに、デジカメにも使えそうです!!

また、この商品は横置き用です。

ではまずは、パッケージを見ていきましょう。

オレンジ色に意味があるのかは知りませんが、簡素でわかりやすいパッケージです。

色はブラックですが、私が言ったダイソーで他の色のスタンドは売られていませんでした。

もしかしたら、他の色が販売されているのかもしれません。

色が気になる方は、ダイソーに聞いてみましょう。

次は裏側です。

裏側の右下は透明になっているので、スマホ用3脚がどんなものか目で見て確認できます。

気になる方は、購入前に下から除いて確認してみてください。

では、商品をパッケージから出していきます。

どーーーーーーん

おおーー。

写真のまんまですね。

写真のまんまのスマホ用3脚がパッケージの中にそのまんま入っているといったところです。

このスマホ用3脚の動画を撮影したので、動画を貼っておきます。

どうでしょうか??

スマホを装着してみるとこんな感じ。(iPhone8です)

ものさしで大きさを測ってみると、

スマホを挟んだ時のMAX高さが15cmくらいです。

ダイソーのスマホ用3脚がどんな感じかイメージ付きますでしょうか??

ダイソーのスマホ3脚を使って実際に撮影してみた

ということで、ダイソーの100円3脚を使って料理動画を撮影して見ました。

YouTubeの公開しているので良かったら見てください。

3脚はダイソーで買ったものを使い、撮影機材はiPhone8です。

ダイソーの三脚を使用した撮影の感想

ダイソーの3脚を使用してみて感想を言います。

ずばり、初心者にはちょうどいいと思いました。

エントリーモデルと言いますか、初心者でとにかく3脚が欲しいと思ったときにはこれを買えばいいなって思います。

というのも、100円でちゃんと3脚として機能するので、機能面では満足いくモノだと感じたからです。

これからも何回かは使っていこうとは思いますが、さすがにいつかはそこそこ値段のする3脚を買うつもりですw

こうゆのとか、

こうゆうの

ダイソーの3脚ですが、自宅とかでつかう分には困らないと思います。

それくらい、普通に使えます(笑)

ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。