次郎系?麺屋心イオンモール幕張新都心で「フジヤマ」を食べてきた【食レポ】

麺屋心 フジヤマ

イオンモール幕張新都心3階のLIVEキッチンにあるラーメン屋「麺屋心」

ただのつけ麺専門のラーメン屋かと思いきや、、、

実は次郎系なんです。

ただ、次郎系の中では軽め。言うならば、胃の準備運動と言った感じ。

だから、次郎系初心者に優しいラーメン屋となっております。

お正月に行ってきたので、感想を綴る!

麺屋心に立ち寄ったのは15時

服を求めて3千里。

幕張新都心に来て数時間かけて服屋を巡りにめぐってなにも買えず、、。

悲しいな・・・悲しいなぁ・・・

そんな時、腹が鳴る。

ガルルルルる

おなかが減ったので、何を食べようかととりあえずLIVEキッチンへ足を運ぶ。

で、ぐるりぐるりと見回ってみると、不思議なことに、開店当時にあった海鮮屋とかインドカレー屋とかいろいろな店が無くなっていることに気付く。

しかし、それも運命。

とにかく飯だ、飯!!

で、悩んだ末にラーメンを食べることにした。

しかし、ラーメン屋も「麺屋心」と「博多だるまJAPAN」の2点あり、悩んだ。

結局、博多ラーメンの気分じゃないという理由で麺屋心を選んだのだ。

時刻はすでに15時近く。

立ち寄った時刻が15時ということで、ほぼ並んでいない。

メニューを眺める

お店は決めた。

次は、なにを食べるかだ。

まずは、メニューを見る。

つけ麺がうまそう。

つけ麺にしようか。。。

なに、、フジヤマ??

ふ、ふぅーうん。おいしそうやん。

おっ、中華蕎麦うまそうやん。

しかも600円ってお手頃やん。

じゃあ、中華そばにしよう。。。。

(頭に電流が走る  ピロリーン)

いや、待てよ。

なにかこっちにも旨そうなものがある。

主張が強い。

「チャーシュー どーーん」しちゃってるよこれ。

すげえな。

数量限定だし、880円か。

まあまあやな。

どうしよう、これにしようかな?

いや、これはないな。(気分じゃない)

違うのにしよう。(振り出しへ戻る)

うーんn

どうしようかなああ

うーーーん

中華そばっ、いや、フジヤマにしよう!!

麺屋心 渾身の一杯 フジヤマ

待つこと10分くらい。

呼び出しベルがなる。

じりいいいいいいいいいいいいいいいいいりいっりいっりりいりりりん

麺屋心のカウンターへ行くと、そこにはフジヤマの姿があった。

器一杯になみなみと盛り付けられたフジヤマ。

こぼさぬように、気を付けて席へ運ぶ。

そして、フジヤマの到着だ。

いま写真を見返してみると、思ってた以上に映えている。

美しい写真だ。

日本のラーメン100選とかで使われていてもおかしくない写真だ。

ちなみに、この美しい写真をどうやって撮ったかって??

簡単さっ!!(キメ顔)

まず、手元にiPhone8があるだろ?

それでな、カメラを起動して、ピントを合わせてパシャリ。

たったこれだけ。

うん。簡単だ。

人間なら、だいたいみんな出来る。

簡単な作業さ。

おっと、話が首都高で言うと、内回りで行くところを外回りで行ってしまったくらい反れちゃったよ。

こりゃ、まいったなあ。

ということで、ラーメンの感想を言っておくわ。

麺屋心 フジヤマ 感想

麺屋心の渾身の一杯フジヤマは、、、

うまかった。80/100点

うん。うまいよ。

スープが味噌味で、わりとあっさりしている。

具はチャーシュー2枚と大量のもやしと、気休め程度のキャベツ、大量のニンニクです。

1口食べたら、口の中には「いけない味」が一瞬で広がり、つかの間の幸福が訪れます。

大量のもやしに埋もれた麺は太ちぢれ麺です。

もやしと麺とスープが絡む絡む。

バクバクいけます。

少し小さ目のどんぶりですが、食べてみるとぎっしりと詰まっていて、スープまで飲み干すと胃がパンパン!!

これで700円なら、良い価格です。

お手頃価格で腹がパンパン!

やっぱりラーメンは最高だべえ。

完食!!

フジヤマのスペック

  • ちぢれ麺
  • もやしもりもり
  • キャベツ少なめ
  • にんにくもりもり
  • 味噌味のスープ
  • 700円
https://hirotonkun.com/seven-tomita-reitoutsuemen
https://hirotonkun.com/sapporo-ebisoba-ramen
https://hirotonkun.com/isemiso-ramen-tadokoro-shoten
ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です