大学生活

【クラロワ】2019年12月シーズンでも勝てる2.6ホグ紹介

クラロワの2019年12月シーズン到来!!

どんなデッキが勝てるか?

と言いましても、わたくし2.6ホグしか使わないで3年生以上クラロワをやっておりましたので、わたくしのデッキを紹介いたします。

2.6ホグを使いたいと考えている方や、2.6ホグの勝率を知りたいあなたへ

私の一押しホグデッキを紹介します。

2.6ホグのデッキ紹介

私の2.6ホグは以下の写真の通りです。

  • アイススピリット(1コスト)
  • スケルトン(1コスト)
  • ザップ(2コスト)
  • ナイト(3コスト)
  • 大砲(3コスト)
  • アーチャー(3コスト)
  • ホグライダー(4コスト)
  • ファイヤーボール(4コスト)

スーパーレアカードやウルトラレアカードは使わず、ノーマルカードとレアカードで構成しております。

2.6ホグデッキの強み弱み

2.6ホグデッキの特徴は高回転でホグライダーを出し、相手のタワーをへし折るデッキです。

エリクサーコスト平均が2.6と少なく、手札がぐるぐると周ります。

このデッキの強みは、休むことなくホグライダーで相手を攻められることです。

これが刺さる相手にはすごく刺さり、3分間の試合をひたすら攻め続けるだけで勝つことができたりします。

そんな2.6ホグライダーデッキにもいろいろと弱点があります。

まず第一に低コストカードで構成されているため、相手の高コストカードに力負けします。

なぜ力負けするかと言うと、各カードの体力を観ればわかります。

地上の防衛の要

  • 大砲(レベル9体力742)
  • ナイト(レベル9体力1452)
  • スケルトン(レベル9体力67)

空中の防衛の要

  • アーチャー(レベル9体力252)
  • アイススピリット (レベル9体力190)

一番体力のあるナイト(レベル9)で1452ですし、大砲を除くその他のユニットはファイアボールで1撃で倒される体力しかありません。

スケルトンやアイススピリットはザップや雪玉でも1撃です。

また、高い攻撃力を誇るユニットの攻撃であれば、いとも簡単に倒されてしまいます。

そのため、相手の攻撃は丁寧に防衛しなければあっという間に自陣のユニットが全滅し、相手の攻撃によりタワーへ大ダメージが入ること間違いなし。

2.6ホグの弱み2つ目は、相手のカウンターにパワー負けすることがある。

経験上、ホグライダーに対する相手の防衛で多いのは、メガナイトやバルキリーなどの範囲攻撃で中体力のユニットです。

このユニットたちが私のホグライダーを倒したのちに、体力満タンの状態で攻めてきます。

単体ならまだしも、他にもユニットをプラスしてカウンターしてくることが多いです。

そんな相手のユニットを同じエリクサーコストで防衛するのはカードパワー的にしんどいものです。

なので、安定して防衛するために相手の使ったエリクサーコストプラス1~3くらいを使用します。

まあ、上手くいけば相手と同等もしくは相手より少ないエリクサーコストで防衛できたりします。

どんなデッキに勝てるのか

クラロワは実力ゲームです。

なので極論を言うと、自分のスキルが高ければ勝てないデッキはありません。

とはいえ、私はそこまで上手ではないため、負けるときは負けます。

負ける理由は相手と自分のレベル差であったり、デッキの相性があります。

では、どんなデッキに勝てて、どんなデッキに負けやすいのか?を紹介します。

直近の戦闘履歴6戦を見てみると、3勝3敗です。

勝った相手

  • メガナイト+ディガーデッキ
  • 迫撃砲デッキ
  • バルーンデッキ

負けた相手

  • メガナイト+バルーンデッキ
  • メガナイト+スパーキーデッキ
  • ロイジャイデッキ

2.6ホグデッキは割とどんなデッキの相手でもいい勝負が出来ます。

しかし、ロイジャイやメガナイト+α、建物多めデッキには弱いです。

ただ、負けると決まっているわけではないので、頑張る価値はあるので、あきらめないでください。

過去の対戦結果では、いろいろ負けてはいますが、勝てるときは10連勝とか普通に行きます。

2.6ホグはまだまだ現役なのでぜひ使ってみてください。

ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。