大学生活

【セブン】とみ田のつけめんが冷凍食品に登場!!店舗のつけめんとの違いを比較。

とみ田冷凍つけめん

千葉県の「つけ麺」といったら『中華蕎麦 とみ田』と言ってもいいほど、大人気なラーメン屋。

そのとみ田がセブンイレブンとタッグを組んで、冷凍食品の「とみたつけめん」が発売されました。

味のほどはどうなのか?店舗の味との差はどれくらいなのか?

早速、食レポをしていきます。

セブンプレミアムゴールドのとみ田つけめん

セブンから冷凍のとみ田つけめんが発売されていると噂をかぎつけ、購入。

お値段、税抜き398円。(税8%だと429円)

店舗だと

  • 濃厚つけ麺(並)850円
  • 濃厚つけ麺(大)950円

なので、冷凍つけめんは半額以下で食べることが出来ます。

まあ、その分色々違うけれども、それを考えても、店舗にいかなくても店舗の味を安倍られる冷凍つけめんは最高ですね。

すでに発売から3か月くらい経っているが、私にしてみれば誤差の範囲。

と、興奮のあまり、とりあえず撮影したら、ぼけてしまったのである。

とみたつけめん

なんとなく、わかるだろうか。

すでに、食欲をそそるパッケージ。カップ麺や冷蔵タイプの商品とはまた違った雰囲気を持っている。

では、開封していこう。

とみ田つけめんを開封

とりあえず袋を開けてみる。

とみ田つけめん中身

中身は、冷凍めんとつけだれの2つだった。

めんはうどんのように太く、円盤状に冷凍されていた。

麺は四角形でパックされているイメージがあったので、少し驚き。

つけだれは、冷凍牛丼の元とかと同じような梱包だった。

とみ田つけめんを調理

このつけめんの調理方法は、レンジで加熱するだけで大丈夫だ。

麺は600wで5分30秒、つけだれは600wで1分30秒でした。

特に追加過熱をしなくても、いい状態になりました。

麺は過熱が終わったら、水で締めます。

熱がとれたら水を切って完成です。

で、完成したものを盛り付けたら、こんな感じに。

とみ田つけめん調理後
とみ田つけめん調理後

もう、外観はほぼとみ田つけめんと一緒だと思いました。

麺の太さだったり、つけだれの色合いとか、お店と一緒。

ついでにチャーシューもついているし、最高ですね。

とみ田つけめんの『味』の評価

完成したら、食べる。

カップめんと違って、麺は店舗で食べるのとほぼ同じような太さ。歯ごたえもあり、モッチリとした食感で美味い。

つけだれは、魚介の香りがついており、味もしっかりとしている。

この太麺を濃厚な魚介つけだれにくぐらせて食べたら、もう感動の旨さ。

さらに、一枚ついてくるチャーシューも味がしっかりとしていて、そのままでもうまし。つけだれにくぐらせると、魚介とチャーシューが仲良くまとまった味になる。

とみ田つけめん調理後
とみ田つけめん調理後

セブンの冷凍とみ田つけめんの味を評価すると、普通にうまい。

店舗の味がよく再現されていて、冷凍でこんなにうまかったら文句ない。

★5個中★5つです。

★★★★★

とみ田つけめんを店舗と比較

冷凍のつけめんは冷凍食品とは思えないほど、うまくて目が飛び出るほど驚きましたが、店舗とはどのような違いがあるのかを比較します。

まずは、こちらがとみ田の店舗でたべれる濃厚つけ麺850円です。

とみたつけめん店舗
とみたつけめん店舗

写真でもわかるような、濃厚なつけ汁と、つやのある太麺。

具は、ナルト、ネギ、ノリ、チャーシュー(多分スープの中に沈んでいる)です。

対して、冷食のつけめん(税抜き398円)はこちら。

とみ田つけめん調理後
とみ田つけめん調理後

つやのある太麺は店舗にも劣らないほど完成度が高いです。

つけ汁は店舗よりも量が少なく、さらりとしています。

具は、チャーシューのみなので、色鮮やさはなく、「茶色」をドーンと持ってきたような感じ。

これらを表にまとめました。

店舗つけめん冷食つけめん
つやあり太いつやあり太い
スープ濃厚魚介さらりとした魚介
チャーシュー
メンマ
ネギ
ノリ
チャーシュー
値段850円(税込み)429円(税込み)

この表から考えると、冷食の方が店舗で食べるよりも半額で食べれることがわかります。

ただ、値段が違う分スープの濃厚さや、具材の量に差があります。

あとは、店舗だとラーメンを作って運んでくれるし、スープの割り下とかもらえるけど、冷食は自分で作らなきゃいけない手間があります。

冷食「とみ田つけめん」の総評

とみ田冷凍つけめん

店舗で食べられるつけめんと冷食のつけめんを比較したところ、具材やスープに違いはあったものの、麺はほぼ同じでした。

とみ田の特徴的な太麺を冷食で手軽に食べれると言うだけでも、メリットはあるように感じました。

スープですが、店舗の濃厚さとドロドロ感がなく、さらりとしたスープだったのが残念ポイントです。ただ、味はおいしい魚介スープでした。

具はチャーシューが一枚でしたが、割と厚さがあり、いい味出していたので、あの値段でチャーシューをつけてくれているだけでも満足感がありました。

★で評価するなら、★4つ。

★★★★☆

ぶっちゃけ、★5つでもいいくらいのおいしいでした。店舗で食べる値段の半額で買えるようにコスパもいいです。

でも、スープが、やはり気になります。

まあ、冷食で店舗よりも半額で買うことのできる商品に対して文句を言うというのがすごくおこがましいのですが、スープが気になるよね。

冷食というだけでも店舗と同じ味を出すのは難しいであろうことは何となくわかりますが、やはりスープが、、ね??

やっぱり、とみ田のつけめんスープはドロドロ濃厚なのがいいと思うんだよね。

レンちんで済むスープはこのままでいいと思うので、付属で濃厚ドロドロになる粉があれが、それがついてくれたら嬉しいかな。

とにかく、私はとみ田のつけめんのスープはドロドロ濃厚なのがいいんです。

それだけ言いたい。

https://hirotonkun.com/isemiso-ramen-tadokoro-shoten
https://hirotonkun.com/ramen-kokoro-huziyama
https://hirotonkun.com/sapporo-ebisoba-ramen
ABOUT ME
アバター
ひろとん
何のとりえもない大学生。 別に元気がもりもりなわけではないが、キャッチコピー的に良さそうなのでそうしている。 性格的にはクレーマーに近いかもしれないが意見をズバズバ言うところがあるので、意見マシマシも付けた。 他にもたくさんの大学生ブロガーがいるので、差別化は難しいが私は私なので、私という存在が唯一だ。そこが差別点なのかな? 知らんけど(笑) そんな大学生が運営しているブログです。 どうぞ、よろしく。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です